生薬の取り扱い

漢方薬で使われる普通の全形生薬の一部は日本の製薬製品と認められます。
しかし、西洋のハーブ(全形生薬)は健康食品として回ります。
西洋のハーブはアメリカ合衆国のEUの補助食品と同じくらい製薬製品(ハーバルメディスン)を回しました。
しかし、日本のアメリカの外圧によって1998年のハーブの形について規制緩和をしたので、循環は健康食品としてそれを売るかもしれません。
2003年6月24日に、、厚生労働省で「一般用医薬品として全形生薬製剤(西洋のハーブを含む)の検査の方法についてに会っている勉強」でそのような西洋のハーブについて会っている書斎を開きました。以下の意見は送られました。
それは治療可能です。
そして、注意(それが食物であるので、それを示すことができません)を必要としているものがあります。
試験は直接的なOTCとして合成医薬品のレベルでだけ受け取られます。
しかし、これが承認されることは難しいです。
さらにまた、出費と数年の大量のためにそれ以上の期間を日本で必要とする通常の臨床試験は必要とされます。
ところが、承認システムは日本とEU諸国で異なります。
そして、そのような既存の全形生薬は動物実験で、EU countries.Becauseで全形生薬が特許(詳細に「臨床試験」のアイテムに言及します)を得ないと安全に確証しなければならないだけです。
同社が利益がないので、臨床試験は行われません。
第2に関しては、この勉強会議は、開催されませんでした。
承認は難しいです。
そして、2007年3月22日に、日本の健康食品として回った西洋のハーブのような全形生薬について、厚生労働省医療食物ステーション試験管理部は海外データの使用を承認します。
そして、製薬製品の承認使用に関する重荷は今後は減らされます。
2007年7月の後、「健康食品を安全に確保することについて[22]に会っている勉強」は実行されました。
copyright(C)健康促進!サプリメント